calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

ロケ地と写仏

時代劇のロケ地と言えばここ!

というお寺があります。

一番使われているであろうと思う寺

大覚寺。

 

バリバリの観光地嵐山の近くにあるので

今まで行く機会がなかった。

行くなら空いている今しかない!

…と思って行きました。

成程、撮影所の近くにあるので

これはロケに重宝する立地です。

 

 

↑入り口前からよく見る光景が。

誰かに追われて逃げたり、追いかけたり

切られる時によく出る場所。

 

 

↑広々としているので

輿入れの場面などでも使われる場所。

 

 

↑殿中の場面によく使われる廊下

…など定番の場所だらけなので激写しまくり!

観光客が少ないから楽々撮影。

 

これ以外にもまだ目的があったので

この寺に行きたかったのです。

 

写仏。

 

我が渋さもここまで来ようとは。

写す前に香で身を清めたり

書き終えたら紙を蝋燭で炙ったりと

本格的。

写すだけなのに、意外と楽しかった。

ハマりそう。

 

 

寺の横に大沢池があります。

ここも時代劇の屋外ロケ地の代表格と言っても

過言ではない場所!

 

 

↑朱色の塔と白いお堂の辺りは

特に出現頻度が高い場所。

 

場所が広いので縁日シーンから

水辺はどざえもん、船で別れるシーン

因縁つけられたり

かどわかされそうになったりだとか

使われるシーンは多種多様。

 

この寺に行く事にした3つ目の理由は

この池に入るには今後別途有料になるから。

 

昔は時代劇も毎日あったので

ロケ地使用料で何とか維持できた所が

あったのではないかと思います。

 

各寺社で色々新しい事をして

頑張っておられますが

時代劇が減ってしまった今、

全体的に寺社の維持管理できるシステムを

新しく考える必要があるのではと感じます。

 

寺社  c.0  t.0