calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

search this site.

others

mobile

qrcode

八大タヌキの謎


最近行きたくてしょうがなかった

狸谷山不動院
やっと行きました。

 
京都の自動車の後ろには
大概こちらのステッカーが貼られているのですが
恥ずかしながら、最近まで何処にあるのか知らなかった…。
信貴山とごっちゃになって
その辺にあるのではと、ぼんやりと思ってた位です。

詩仙堂の奥に細い道が続いており
そこにあります。
こんなに近くにあったとは。
日参できそうな距離。
何故今まで行かなかったのだろう。

250段の階段とか書いてあるので
ビビりましたが、登ってみると屁でも無かったです。
立木観音の階段に比ぶれば全然です。
 

 
山奥にあるのでこちらも地崩れに
苦慮しておられる模様。
途中の大師堂なんて

落雷があるので屋根の下でのお参りに注意して下さい

とか書いてあるので2度ビビる。
宮本武蔵が修業した滝とかトイレの神様ウスサマ明王とか
山中に響く法螺の音とか厳かなお寺。

子供の頃、祖母の大八たぬきが隣の土地にいる(から駄目?)
みたいな話を薄っすらと憶えていて
ダイハチタヌキとは何だろう?
と、心の奥にずっと引っかかっておりました。
 
ふと気になって検索してみても
香川県のたぬきしか出てこない。

で、その件とは関係なくこちらの不動院の事を知り
検索してるとタヌキの置物が沢山ある画像が出てくる。
これでピンと来ました。

狸谷山への道途中に宮本武蔵にゆかりの八大神社があり
それで八大狸でこの寺の事を指していたのか!
大八たぬきではなく八大狸
点が繫がり線になった瞬間。

さらに調べると、狸谷山由来のタヌキではなく
こちらの御本尊が咤怒鬼(タヌキ)不動明王から
来ているのだと。

祖母が言っていたのは推測でしかないけど
八大咤怒鬼不動明王の事なんでしょう。
数十年もの時を経て伏線回収した映画みたいで
スカッとしました。

自分以外にはどーでもいい話なんですが。
このお寺に興味を持たなければ
一生解けなかった謎なので
ちょっとうれしい。
 
雑記  c.0  t.0